住宅購入の流れ

マイホーム購入にかかるお金

マイホーム購入に支払う費用は、購入時に支払うものと、購入後支払うものに分かれます。
こちらでは、購入時に支払う費用について詳しくご説明します。

購入時の諸費用

購入時の諸費用

マイホーム購入に支払う費用は、購入時に支払うものと、購入後支払うものに分かれます。
こちらでは、購入時に支払う費用について詳しくご説明します。

以前は融資限度額が物件価格の80%まで可能な、住宅金融公庫(コウコ)で借入をするのが一般的だったため、「2割程度の頭金を用意するのが一般的」と言われていましたが、様々な住宅ローン商品が登場した現在ではこの限りではありません。お客様の属性によってはメガバンクでも物件価格の100%借入が可能な場合もございます。従って、「頭金がいくらか?」を気にする前に、購入費用や金利を含めて「全体でいくらかかるか?」を正確に把握することが先決となります。

住宅ローン商品は非常に多彩で、融資限度額や金利も実に様々です。
月々の返済額も踏まえて最適なローンを選ぶことが、余裕のあるライフプランにも直結します。
ローン選びに迷ったら、プロであるFPに相談することをおすすめします。

マイホームの取得にかかる費用

印紙税 売買契約書、建築請負契約書、ローン契約書に必要な収入印紙代。
登録免許代 不動産の登記(表示・保存・移転など)をする際にかかる税金。(一定条件に当てはまる場合軽減措置あり)
不動産取得税 土地、建物を取得した際の地方税。固定資産税評価額の3%(一定条件に当てはまる場合軽減措置あり)
登記手数料 登記手続きをした場合の司法書士や土地家屋調査士への報酬
不動産仲介手数料 仲介会社を利用する場合の手数料。価格×3%+6万円(税別)

マイホーム取得時にかかる諸費用は以下のようなものがございます。
一般的な目安として購入価格の5~8%(個人差あり)程度みておかれるとよいでしょう。

ローンにかかる費用

融資事務手数料 金融機関に支払う手数料。公庫、年金、銀行それぞれにかかる。
ローン保証料 保証人を立てる代わりに保証会社などを利用する場合の費用。
団体信用生命保険料 住宅ローンの借り入れにあたって加入する保険料。
火災保険料 住宅ローンの借り入れにあたって、建物にかける保険料。
登録免許税 抵当権を設定するためにかかる税金。
登記手数料 抵当権の設定を司法書士に依頼した時の手数料。

その他

  • 引っ越し費用、カーテン、照明、エアコン、電化製品などの購入費
  • 地鎮祭、上棟式費
  • 修繕積立基金(マンションの場合)
  • つなぎ融資
  • 適合証明業務手数料

購入後に支払う費用

ランニングコスト/メンテナンスコスト

固定資産税
毎年1月1日現在、固定資産(土地、建物)を所有している方に対してその固定資産の所在地の市町村(東京23区は東京都)が課税する。
都市計画税
原則として市街化区域内の土地、建物の所有者に対して市町村が課税する。
固定資産税=課税標準(固定資産税評価額)×1.4%
都市計画税=課税標準(固定資産税評価額)×0.3%
団体信用生命保険
ローンの支払い途中で、万が一病気や事故で他界、もしくは、重度障害になった場合のためにその後のローン支払いを肩代わりしてくれるもの。よって、万が一の時に残された家族がその債務を引き継ぐことはない。
※金融機関によってはローン金利に含まれており、新たに負担しないケースもあります。
マンションの場合
  • 管理費……廊下・階段・エレベーターなど共用部分に充てられる管理費。
  • 修繕積立金……将来建物に発生する修繕に充てられる積立金。
  • 駐車場代……マンション敷地内の駐車場代。
  • 内装リフォーム。
戸建ての場合

戸建ての場合は、内外装のリフォーム代は別途支払いになるため、注意。
管理費・メンテナンス費用も自分で用意する必要がある。

住宅購入あんしんサポートパック プロのFPによるレクチャーを受けられる6つのステップ!

まずはステップ1の初回相談から 初回相談(60分) 3,150円(税込)
Aコース(不動産売買向け)
Bコース(注文住宅向け)
ガイドブックプレゼント


Copyright © 住宅購入ならファイナンシャルプランナーにご相談を!.All Rights Reserved.